森歯科医院|大阪市東住吉区北田辺

大阪市東住吉区 森歯科医院の院長紹介

E.jpg

 

院長:森 達之 (モリ タツユキ)

【院長略歴】

・1973年 大阪市東住吉区北田辺に生まれる
・大阪教育大学附属平野小・中、帝塚山学院泉ヶ丘高、大阪歯科大学を経て1998年歯科医師免許を取得
・その後、鳥取大学医学部付属病院歯科口腔外科、松江赤十字病院歯科口腔外科、国保佐治村歯科診療所で歯科口腔外科とへき地医療を学ぶ
・2004年 実家である森歯科医院で父親の下、勤務医として診療に従事
・2017年5月 独立し新たに「森歯科医院」を開業する

【ごあいさつ】

お口の中の健康は、皆様の幸せな生活の源ではないでしょうか?食べること、話すこと、笑うこと、コミュニケーション…当たり前の生活の一部であるべき幸せは、お口の中の健康から始まるといっても過言ではありません。

そんな素敵な毎日を皆様に送っていただけるよう、気軽に話せるパートナーとして地域歯科医療に貢献していきます。

 

 

田中佑人(タナカ ユウト)
大阪歯科大学附属病院障がい者歯科 講師・診療主任
博士(歯学)
森歯科医院 非常勤歯科医師

 【略歴】

・1982年 兵庫県神戸市に生まれる
・兵庫県立御影高校、広島大学を経て2008年に歯科医師免許を取得
・その後、大阪大学附属病院にて義歯、インプラント、スポーツ歯科の専門外来を担当し、同大学院にて2013年に歯学博士の学位を受領
・2015年 カロリンスカ研究所(スウェーデン)にて博士研究員
・2016年から現職

【ごあいさつ】

みなさま、こんにちは。私は、大阪歯科大学附属病院 障がい者歯科で、障がい者や有病者に対する歯科治療を専門にしております。卒後は義歯やインプラントの専門外来におりましたが、「健常者と障がい者、有病者との間で、受けられる医療に差があってはいけない」と考えるようになり、専門分野を異動しました。

 大阪大学在籍中は、食事中の咬む力はどのように制御されているのかについて、神経筋調節機構(特に、筋紡錘反射と腱紡錘反射)に注目して研究しておりました。その結果、腕や足などの他の運動器と比較して、口周りの運動ははるかに精密に制御されていることが分かりました。

 また、スポーツ歯科にも興味があります。噛み合わせと運動パフォーマンスとの関係など、未解明なことは多くありますが、何とか解明したいと思い日々研鑽しています。

 これらの経験を活かし、森歯科医院にいらっしゃる皆様のお口の健康のお役に立てるよう、頑張ります。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
06-6713-0795

QR1.jpg